雑記

台風20号2019米軍ヨーロッパ・気象庁進路予想!日本接近は?飛行機欠航情報についても

台風20号、情報を更新していきます。

18日午前3時、台風20号が発生しました。

台風20号は発生すると「ノグリー」(韓国・たぬきという意味)という名前で呼ばれます。

 

10/21午後6時、台風20号は、温帯低気圧になりました。

 

気象庁・米軍レーダー・ヨーロッパ予想進路は、下記を参照してください。

 

 

10月21日(月) 8:40現在の最新情報です。

 

台風20号について

フィリピンの東で発生した台風20号。

現在、台風20号は奄美大島の東、約290kmに位置し、35km/hで北東へと進路をとっています。

 

<台風20号のまとめ>

・21日朝にかけて奄美大島に接近

 

・21日夜~22日、西日本~東日本の太平洋側は非常に激しい雨の予想
(河川の増水、土砂災害、浸水に警戒)

 

・22日未明には、紀伊半島の南海上で温帯低気圧になる見込み

 

・温帯低気圧はその後、22日夜遅くにかけて西日本~東日本の太平洋側を北東へと進む

 

・23日未明には三陸沖に達する予想

 

 

大雨の予想されている22日には、即位の礼もありますね。

台風で被害のあった地域も心配です。

台風20号は発生前、日本に影響することはない見込みだと発表されていましたが、発生後には進路予想が大きく変わってしまいました。

このように台風は情報が毎日変わりますので、今後も様子を更新していきます。



 

交通予測

現在、台風20号の鉄道・高速道路・飛行機の交通予測は出ていません。

 

 

気象庁

気象庁の進路予想図です。

出典:気象庁

 

10/21(月) 18:00の予報

大きさ:ー

強さ:ー

位置:室戸岬の南南東 約250km

中心気圧:990hpa 

中心付近の最大風速:30m/s

最大瞬間風速:40m/s

10/22(火) 6:00の予報

温帯低気圧

大きさ:ー

強さ:ー

位置:尾鷲市の東南東 約100km

中心気圧:994hpa 

中心付近の最大風速:23m/s

最大瞬間風速:35m/s



 

米軍進路予想図

米軍(アメリカ海軍)台風情報では、5日間の進路を見ることができます。

下記レーダー、左の赤い矢印が台風20号です。

 

(時差があるので+9時間で見てください)

<衛星写真に〇で表示されている時の解釈の仕方>

・黄色い丸:LOW

24時間以内に発達する可能性は低い

・オレンジの丸:MEDIUM

24時間以内に発達する可能性は高まっているが、発達には24時間以上かかる可能性が高い

・赤い丸:HIGH

今後24時間以内に、台風へと発達する可能性が高い

出典:JTWC

米軍進路予想はこちら



 

ヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センターは、10日間予報を見ることができます。

今後も更新していきます。

10/22 21:00

10/23  21:00

10/24  21:00

10/25  21:00

10/26  21:00

出典:ECMWF

ヨーロッパ進路予想はこちら



 

飛行機欠航情報はこちら!

各航空会社の「お知らせサイト」です。

お役立てください。

 

JAL(国内)

運行の見通しはこちら
 

JAL(国際)

運行の見通しはこちら
 

ANA

 

運行状況のご案内はこちら

 

AIR DO

 

発着案内・運行の見通しはこちら

 

スカイマーク

 

スカイマークHPはこちら

 

スターフライヤー

 

運行状況はこちら

ジェットスタージャパン
運行状況はこちら
運行状況(携帯版)はこちら