朝ドラ

なつぞら夏空ネタバレ☆マコプロダクションのモデルは実在?大沢麻子の今後も

朝ドラ「なつぞら」では仕事のできる女性の1人、大沢麻子。通称・マコちゃん。

最初は言い方が少々キツイな~・・・と思うこともありましたが、徐々に大沢麻子という人物像がわかってきましたね。

麻子の今後のネタバレ含め、モデルも調べてみました

 

***この先、ネタバレが含まれている部分があります***

 

 

 

 

 

大沢麻子のおさらい

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」さん(@natsuzora_nhk)がシェアした投稿

大沢麻子は、美大を卒業し、東洋動画に入社した優秀なセカンドとして働いていました。

仕事にはとても熱心ですが、同僚にもズバズバと物を言うため、怖い印象も。

毎日、亜矢美の色彩豊かな洋服を着て出社しているなつに対し、麻子は「将来の旦那に会いたいという気持ちが顔ににじみ出ている」というような発言もありましたね。

その後、なつの実力を認めた麻子は、その発言を撤回し、なつたちと一緒に作品を作り上げていきます。

そして、麻子・なつ・坂場の3人が短編映画を任されることになりました。

なんとか短編映画の製作が終了し、みんなでハイキングへ。

そこで麻子は、結婚して仕事を辞め、イタリアに行くことになったとみんなに報告しました。

(96話までの内容です)

 



大沢麻子の今後のネタバレ

★21週

麻子はイタリアから日本に帰国し、アニメーションの仕事を再開します。

麻子はなつの家を訪ね「関東プロダクション」と提携し、テレビ漫画を作成する「マコプロダクション」という会社を興したことを報告しました。

そしてマコプロダクションには、下山も東洋動画を辞めて入ることになっていると伝えます。

麻子は「坂場にも参加してほしい」となつの家を訪ねたのですが、その頃なつは妊娠中。

坂場は自宅で仕事をしているため、子供が産まれるとなつが外で働けなくなってしまうことを考え、すぐに返答できませんでした。

その後、坂場はマコプロダクションに足を運び、1年後に働くことを決めてきます。

子供が1歳くらいになったころならば預け先も見つかり、自分も働けるだろうという坂場の計算でした。

そして、なつは女の子を出産します。

★22週

子供の預け先のなかなか決まらないなつ達でしたが、茜に手助けしてもらえることになり、坂場は、無事にマコプロダクションで働けることになりました。

★23週

マコプロダクションでは、坂場が「大草原の小さな家」をもとにした「大草原の少女ソラ」という物語をアニメーションにしたいと考えていました。

なつが作画監督を引き受けてくれるならば、という麻子からの条件も出されていた坂場。

そして、なつは東洋動画で翌年3月まで働き、その後、マコプロダクションに移ることとなりました。

★24週

なつは、マコプロダクションでの仕事を始動。

マコプロダクションでは、初の独自制作作品である「大草原の少女ソラ」が、半年後の日曜夜、ゴールデンタイムに放送されることが決まりました。

放送の視聴率は伸び悩んでいましたが、視聴者からの手紙により麻子たちの気持ちも上がります。

★25週

マコプロダクションの作品「大草原の少女ソラ」は、無事に最終回を迎えます。



大沢麻子のモデルは誰?

中村和子プロフィール

大沢麻子のモデルは、中村和子さんと言われています。

中村和子

1933年4月1日生まれ

女子美術大学洋画家に在学中、アニメーターに興味を持ち、卒業と東映動画に入社。

同時期には、東洋動画に大田朱美さん(宮崎駿さんの奥様)、奥山玲子さん(ヒロイン・なつのモデル)・保田道世さん(森田桃代のモデル)も在籍していました。

1960年には、広告代理店勤務だった穴見薫さんと結婚し、退社しますが、手塚治虫さんに誘われて虫プロに移籍し復帰。

手塚治虫さんの右腕としても活躍しました。

虫プロ倒産後は、フリーに転身しました。

中村和子さんは、手塚治虫からワコさんと呼ばれていました。

大沢麻子は、マコちゃん。

ここから来てるのでしょうね。

作品

テレビアニメ

「鉄腕アトム」

「リボンの騎士」

「アンデルセン物語」

「まんが日本昔ばなし」

 

映画

「白蛇伝」

「少年猿飛佐助」

「西遊記」

「ジャックと豆の木」

「火の鳥」

などの作品を手掛けていました。

 



マコプロダクションのモデルは実在?

大沢麻子は「マコプロダクション」を興しましたが、中村和子さんは会社を設立されていません。

このため、モデルとして実在する会社はないと思われます。

なにかわかりましたら、追記いたします。