未分類

富島高校野球部・甲子園2019出場を決めた監督・メンバーもご紹介!

宮崎県からは、県立富島高校が2019年夏の甲子園への出場が決定!

富島高校は、2019年7月29日決勝戦で、私立小林西高校に完封勝利し、創部72年で初の夏の甲子園への切符を手にしました。

マネージャー6人を含めた、富島高校の野球部員は49人。

今回は、富島高校野球部についてご紹介します!

 

富島高校の試合:

第3日目・8月8日(木)の第4試合(15:30~)に決定しました。

敦賀気比(福井)ー富島(宮崎)

 

8/8(木)追記:

富島高校野球部のみなさん、試合お疲れさまでした!

結果にかかわらず、甲子園の地を踏めたことは人生でもとても思い出深い、良い経験になります。

そして、このチームのメンバーに出会えたことも、監督はじめ、保護者の方々のお力添えもあったことも、選手の方々は心より感謝しているでしょう。

最後はやはりジーンとした気持ちで見ておりました。

今後も富島高校野球部のご健闘をお祈り申し上げます。

楽しませていただき、本当にありがとうございました。

2019 選手権宮崎大会の成績

<決勝までの勝ち上がり>

決勝   富島 4 – 0 小林西

準決勝  富島 5 – 0 都城工 

準々決勝 富島 8 – 1 日南振徳(8回コールド)

3回戦   富島 7 – 2 妻・(新)妻

2回戦   富島 7 –  2 日南学園

「甲子園へでの1勝」という目標に向かっている富島高校野球部。

甲子園では最高の思い出を作っていただきたいですね!

 



富島高校野球部・メンバーをご紹介

<2019年メンバー>

夏予選の決勝メンバー

背番号 選手名 学年 守備
1 松浦佑星 3 ショート
2 古賀優志郎 3 セカンド
3 黒田直人 3 キャッチャー
4 黒木剛志 3 センター
5 小貫隆成 3 ファースト
6 内山大夢 3 ライト
7 奥野朝陽 3 レフト
8 安藤 陸 3 サード
9 黒木拓馬 3 ピッチャー

 



富島高校野球部・監督について

富島高校野球部監督は、浜田登監督。

浜田 登

宮崎商業高校を卒業

2008年、宮崎商業高校・野球部監督に就任し、甲子園へ

2013年、富島高校野球部の監督就任。

富島高校に赴任した理由は、「甲子園とは縁のない野球部で、ゼロからスタートてみたい」という希望から。

県立高校が甲子園へ行くということもすごいですよね。

富島高校野球部は、浜田監督が就任した2013年には部員数11人。

その半数が野球の未経験者ということもあり、一時は部員が5人となってしまったことも。

廃部の危機もあったようです。

そして就任した浜田監督は「3年で九州大会、4年で甲子園に行きます」と宣言します。

周囲の人たちは失笑していたそうですが、そこからのこの這い上がりは、素晴らしいものがありますね。

その頃は、グラウンドとは呼べないような校庭だったようで、保護者の方からもいろいろとお手伝いしていただいたり、寄付をいただいたり、とご苦労されたこともあったようです。

浜田監督が就任された翌年・2014年には、1年生が18人も入部し、宮崎県の1年生大会で優勝。

そしてその年代が2年生となった、2015年秋の大会では、県大会で準優勝し、創部以来初めての九州大会へ。

宣言とおりに実現させていきました。

廃部危機にあった富島高校野球部を、3年という期間で強豪校へと育て上げた浜田監督。

そして2018年春、甲子園へ初出場となりました。

浜田監督に一生懸命ついてきた部員たちもすごいですし、浜田監督も有言実行の素晴らしい監督だと感じます。

甲子園を決めた、監督の言葉はこちら。

「(宮崎での)優勝は通過点だと思っている」

引用元:Yahoo!ニュース

先を見据えている言葉ですね。

甲子園での活躍も楽しみです。



まとめ

高校野球を観て、試合の最後は毎回ついつい涙してしまいます。

ドラフトを観ても涙・・・

どのスポーツもそうですが、高校野球でもみんなそれぞれいろんなドラマがあり、甲子園への切符を手にしています。

頑張っている高校球児、それを応援している保護者や学校のみんなの姿はとても素敵です。

富島高校野球部のみなさん、甲子園でもいつもの実力を出し切ってくださいね!