未分類

岸和田だんじり会館★営業時間や料金・駐車場!イベントやアクセスもご紹介

「岸和田だんじり祭」は約300年の歴史と伝統を誇る有名なお祭りです。

岸和田だんじり会館は、このお祭りの歴史と伝統、迫力と熱気を感じることのできる施設なのです。

・大迫力のだんじり祭の映像でお祭りの様子を知る事ができる

・現存する最古のだんじりの展示、各町の法被、提灯などの展示

・だんじり体験ができるコーナー

などで楽しんだりと、だんじりのことを詳しく知ることができる様々なコーナーが用意されていて、見ごたえのある施設です。

「岸和田だんじり祭」のすべてが分かります。

 

営業時間・休館日・料金

岸和田だんじり会館

営業時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

 休館日:毎週月曜日

(月曜日が祝日・休日の場合、及びお城まつり期間中(4月1日~15日)は臨時会館)
年末年始(12月29日~1月3日)

料  金大人 600円(25人以上の団体は400円)/ 小学生・中学生 300円(25人以上の団体は200円)

 

※ 3館共通入場券(発売日より一か月有効) 700円

(岸和田だんじり会館、岸和田城、きしわだ自然資料館の3館に入場できます。)

1階コミュニティーホールへの入場は無料です。



だんじり会館の魅力とは?お子様にも人気!

イベント広場や同フロアでは、こんな風に楽しめる

イベント広場では、実物のだんじりと大型マルチビジョンによる迫力あるだんじり祭の映像(1回の上演時間は約10分)を見ることができます。

まるで、お祭りに参加しているかのような、だんじり祭の熱気と力強さが感じられます。

同じフロアでは、紀州街道の古い街並みを再現し、現存する岸和田最古のだんじりが展示されていて、だんじり祭の原点に接することができるコーナーになっています。

技と匠・映像ライブラリーでは、だんじり大工と彫り物氏の匠の技を紹介しています。

展示されているだんじりも彫り物も、とても緻密で精巧。

江戸時代の職人の匠の技の素晴らしさに驚きます。

その他の展示室・体験コーナーも

その他の展示室では、各町のはっぴと提灯や、華やかなだんじりの飾り、だんじりの構造、大屋根のからくりなどの展示と共に、だんじりを盛り上げる「ひと」の仕組みを分かりやすく紹介しているコーナーもあります。

だんじりのジオラマや各町のだんじり自慢、江戸期のだんじりの設計図なども見ることができますよ。

体験コーナーでは、

・だんじりの大屋根に乗って大工方気分を味わえる

・だんじり囃子の鳴り物をならしてみる

など、岸和田だんじり祭を実感できます。また、3Dだんじりビジョンでは、まるでだんじりに乗っているかのような体験ができますよ。体験コーナーは、お子様にも大人気です。

 



駐車場について

岸和田市営駐車場

だんじり会館へは、隣接の岸和田市営駐車場をご利用下さい。

営業時間:午前9時半~午後5時半(入場は午後5時まで)

収容台数:25台(屋外)

駐車場使用料:普通自動車 2時間まで200円(2時間を超える場合100円)

岸和田市役所第4駐車場 

こちらの駐車場もご利用できます。

営業時間:24時間

収容台数:約110台 屋外 

駐車料金:最初の1時間は無料 以降1時間ごと 100円

(お花見シーズンの土日は混雑します。)

 



 

だんじり会館のイベントについて

だんじり会館では、各種イベントが開催されています。

前もってハガキまたはファックスで申し込みが必要なイベントと、事前申し込み不要のイベントがあります。

イベントについては、下記リンクをご覧ください。

 

 

土日祝日には、岸和田ボランティアガイドに館内を案内していただけます。

だんじり祭について、詳しく教えていただけるのでおすすめですよ。

こちらは、予約不要で当日1階のエントランスで申し込みができます。

ガイド料は無料です。

岸和田だんじり会館は、普段は空いていてゆったりと見学することができますが、だんじり祭の開催中はかなり込み合います。

 



だんじり会館までのアクセス

南海本線「岸和田駅」徒歩約13分

南海本線「蛸地蔵駅」徒歩約7分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岸和田だんじり会館には、だんじりの情報がたくさん詰まっています。

見ごたえもあり楽しめますので、ぜひお立ち寄りくださいね。