人物

天気の子☆主人公役・醍醐虎汰朗の本名は?顔写真や経歴、作品&評判も

2019年7月公開の映画「天気の子」で、主人公・森嶋帆高役の醍醐虎汰朗さん。

「天気の子」は現在興行収入60億円を突破するという見込みという人気の映画。

なんと、公開18日間の動員数は、約440万人。

そんな、新海監督の素晴らしい映画に携われる実力をもった醍醐さん。

天気の子で注目を浴びている、醍醐虎汰朗さんについてまとめました。

醍醐虎汰朗・インスタグラム

醍醐さんはインスタグラムもやっています。

「天気の子」ではお姿は拝見できませんが、男らしいお顔立ちですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

醍醐虎汰朗さん(@daigo_kotaro)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

醍醐虎汰朗さん(@daigo_kotaro)がシェアした投稿

インスタは以前もやっていたようですが、2018年11月20日からリニューアルされたようです。

醍醐さんの魅力がたくさん詰まっています!



プロフィール

醍醐虎汰朗(だいご こたろう)

2000年9月1日生まれ

出 身:東京都

身 長:167㎝

所 属:エーライツ

趣 味:ゴルフ・ランニング・ゲーム

特 技:ボクシングサ・サッカー・水泳

スポーツは得意で、サッカー部では副キャプテンだったそうです。

体を鍛えることは好きなようで、アクションのトレーニングもしているということなので、今後アクション映画などにも挑戦できそうですね!

スポーツばかりでなく、実力もあるのです。

「天気の子」では、候補者2,000名の中から選ばれたという運と実力の持ち主。

醍醐さん、もってますね!



醍醐虎汰朗の本名は?

調べてみましたが、これが本名なのか、芸名なのか、はっきりとした情報がみつけられませんでした。

「太郎」ではなく「汰朗」という「汰」の字も珍しいかもしれませんね。

どちらにしても、どっしりとした良いお名前です。

経歴・芸能界入りのきっかけ

中学時代に、サッカー部を引退後に友達に勧められ、芸能界に入ったそうです。

もともと映画を観るのも好きだったという醍醐さん。

サッカーをやっていた頃は、まさか自分がこの世界に入り、映画にも関わるお仕事をするようになるとは思ってもいなかったのではないでしょうか?

醍醐さんは、芸能界に入る前は、芸能界に対して「どこか憧れのようなものもあったかもしれないが、自覚はなかった」と話しています。

芸能界の仕事を続けていられるのは、適正もあったり、性にも合っていたのでしょう。



小栗旬さんとは・・・

もともと、小栗旬さんに憧れていたという醍醐さん。

小栗さんとの2ショットに満面の笑顔がかわいいですね。

天気の子で共演もされ、表現の引き出しの多さに圧倒されたそうです。

帆高を住み込みで雇うライター・須賀圭介の声を担当した小栗旬さんとは、かなり掛け合いも多く、間近で大先輩の仕事を見るということはすごく良い経験をされたなと感じます。

小栗旬さんのようにいろんな作品を経験し、これからどんどんビッグな俳優さんになっていただきたいですね。



2019年以降の作品

映画「セブンティーンモータース」伊藤亮太 役

 

★2019年、公開予定

女子高生がボロボロになったハーレーダビッドソンを修理に奔走しながら成長していくという青春映画。

新進映画監督・伊藤拓也さんが手掛けたインディーズ映画です。

舞台 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」日向翔陽 役(主演)

 

★2019年 秋公演

醍醐さんの言葉はこちら!

ハイキュー!!」は、「週刊少年ジャンプ」で連載開始されてから、ずっと読んできた大好きな作品です。

日向翔陽役を務めさせていただくことになりとても幸せです。

漫画やアニメの世界とはまた違う、実際に”日向翔陽”がいたらこんな感じなんだな。と、思ってもらえるような人間らしいリアリティな部分を追求していけたらなと思っています。

演劇「ハイキュー!!」ならではの躍動感を皆さまに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います!



今までの作品

舞台

「弱虫ペダル」:小野田坂道 役(主演)

2017年 舞台「弱虫ペダル 新インターハイ篇~スタートライン~」

2017年 舞台「弱虫ペダル 新インターハイ篇~ヒートアップ~」

2018年 舞台「弱虫ペダル 新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~」

2019年 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」日向翔陽 役(主演)

テレビドラマ

2017年 日本テレビ「兄に愛されすぎて困ってます」山田先輩役

2017年 「先に生まれただけの僕」梅本満役



評判はどう?

異例の主演抜擢などで、注目を浴びた醍醐さん。

演技力はすごいという評判です。

実際に今のお仕事をやって思うのは、やっぱり僕はお芝居好きなんだなということです。

友だちと遊んでるのも楽しいんですけど、現場でいろいろな方とお芝居をして、自分じゃない役を生きて…。それが本当に楽しいんです。

引用元:Yahoo!ニュース

この仕事に向いている、とも感じている醍醐さん。

そして、自分に対してこれまで一回も満足したことがないという、自分への厳しさもあるようです。

満足していないから何かを改善して、また次回作へと進む。

俳優として伸びそうですね。

醍醐虎汰朗さんの今後のご活躍を期待しています!