雑記

年越しそばはいつ食べるのが正しいの?縁起を担ぐ具材や時間、由来についても

毎年お年越には年越しそばを食べますが、皆さんはいつ食べていますか?

ちなみに私の家では、夜11時20分頃から食べ、その後近くの神社に二年詣りに行くという習慣があります。

大晦日のご馳走のあとでお腹がいっぱいな状態ですが、ついつい食べてしまう年越しそば。

ご家庭によって食べる時間も違うと思いますが、何時に食べるのが正しいのかを調べてみました。

年越しそばはいつ食べるのが正しい?

年越しそばは、食べ終わるタイミングが大事だそうです。

年を越してしまう前に食べ終わること。

 

蕎麦を食べきり、その年の厄落としをしてから新年をスタートさせるということが良いのです。

年を越す前にいただきましょう!

食べるタイミングとしては、大晦日に食べれば良く、時間的には特に決まりはないようです。

みなさん年末は大掃除やお料理、お正月の準備やらで忙しいので、ご自分のタイミングで、時間に余裕をもっていただくのが良いですね!

 



 

縁起を担ぐ具材は?

年末定番の年越しそば。

具材は何を入れていますか?

特に具材に関して決まりはないようですが、せっかく食べるのなら縁起を担ぎたいですよね。

こちらでは、縁起を担ぐ具材をご紹介していきます!

ぜひ、年越しそばに入れてみてくださいね。

油揚げ

きつね→お稲荷様ですね。

商売繁盛の神様で、金運を招くと言われています。

ネギ

一年の老をねぎらうという意味があります。

ぜひ入れたい薬味ですね。

海老の天ぷら

海老の赤色はおめでたく、長いヒゲや曲がった腰が「長寿の象徴」だと言われています。

お祝い事にも多く使われます。

おせちにも入っていますよね。

ニシン

「二親」(にしん)から子宝に恵まれる、という意味があります。

数の子は、ニシンの卵ですね。

数の子ももおせち定番の一品です。

たまご

卵の黄色は、黄金色が連想でき縁起の良い色です。

 

シンプルにネギだけというご家庭も多いかと思いますが、ぜひ縁起物のトッピングを楽しんでみてくださいね!

 

信州戸隠の十割蕎麦です♪
かなり美味しいですよ!
画像クリックでAmazonに移動します。
↓↓

由来について

1814年の書物「大阪繁花風土記」には、「十二月三十一日 晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す」と記載があるそうです。

年越しそばは江戸時代に定着したとされています。

また、年越しそばの起源は、江戸時代に商家で行われていた「三十日(みそか)そば」なんだとか。

これが現在、大晦日にいただく「年越しそば」に変化していったようです。

お蕎麦の「細く」「長く」は、長寿、家運を伸ばす(延ばす)という願いも込められています。

 

年越しそばには、いろいろな呼び方があるようです。

・寿命蕎麦

延命・長寿を願う

・運気そば

鎌倉時代に博多のお寺がそばをふるまうと、そばを食べた人たちの運気が上がったとされる

・福そば

金細工職人が、散らばった金粉を集めるのにそば粉を練ったものを使ったことで、そばは金を集める縁起物とされた

・縁切りそば

そばは切れやすいので、1年の苦労を翌年に持ち越さないと願う

全部、縁起の良さがうかがえますね。



 

まとめ

縁起の良い時間に、縁起の良いトッピングでおいしい年越しそばをいただき、新年を縁起良く、気持ちよく迎えましょう!

信州安曇野産の手打ちの八割そば♪
本場のお蕎麦をご賞味ください。
画像クリックで楽天に移動します。
↓↓